教育指針/プログラム

感性と可能性を見出して、伸ばしていけるように応援します。

一人ひとりの職員がビジョンをもち、自己の能力やライフステージに応じて教育プログラムを企画し、組織的にサポートしています。

教育委員会で年間の研修計画を立案し、院内外での計画的な現任教育を行っています。

教育指針

  • 看護倫理観、技術の熟練に優れた看護・介護職を育てるため、看護実践能力の向上を図り、継続教育を運営推進していくものとする。
  • 専門職業人として、自ら教育環境を活用し、自己教育力、能力開発に努めるために積極的な支援をする。
  • 変化していく社会や医療体制の中でも専門職として、チームの一員として協働できる人材、倫理観に基づいた豊かな人間性と社会性を備えた人材を育成していく。

教育プログラム

働きやすい環境づくりの一環として、3か月に1度、新入職員と教育委員会が集まりミーティングが行われます。日々の業務に役立つ情報交換などの話し合いを持つことにより、入職者同士の絆も深まり、チームワークの強化につながります。

また、ラダー教育を導入し、新人・中途入職者にあわせたプログラムで、誰でもその人にあった学び、成長ができる体制としています。

その他

  • 新入職研修
  • 院内研修
  • 集合研修
  • 院外研修
  • 学会発表など
4月 オリエンテーション
5月 入職1か月ミーティング
7月 入職3か月ミーティング
9月 入職6か月ミーティング
3月 個人面談

プリセプター

教育委員会を中心に、グループ全体で新入職者の育成に取り組んでいます。

1年目の教育目標

  1. まず働く環境に慣れる
  2. 看護技術を身につける

上記を目標にし、本人の状況を見ながらステップアップを目指すよう指導していきます。

教育体制